都市部におけるレンタカーは様々なニーズに応える

1月21日 - by admin

マイカーか、レンタカーか

都市部に住んでいると、車は時として大きな荷物となります。電車やバスなどの公共交通機関が発達しており、道路を見れば高確率でタクシーが待機しています。つまり自家用車がなくても十分生活できるのです。自家用車は、持っているだけで維持費がかかりますし、駐車場も毎月1万円前後かかります。出かけても駐車場はほとんど有料で、わずらわしいことが多いです。なのでマイカーをあえて持たずに、必要な時だけレンタカーを借りるという生活で十分だと思う方も多いのです。

借りると買う、どちらがお得?

自家用車を買うかレンタカーを必要に応じて借りる生活を送るかという判断はそれぞれ人によって異なりますが、計算して考える他ありません。毎月ほぼレンタカーを使用しているのであれば、自家用車購入を考えるべきですし、車が置物と化していて駐車代が吸い取られているのであればレンタカーに頼る生活を考えるべきです。そもそも車の購入には数十万、数百万というお金がかかり、経済的に購入できないという方もいます。レンタカーは救世主でもあるのです。

次世代レンタカー、カーシェアリング

カーシェアリングというスタイルが人気を博しています。会員制の自動車共有システムで、24時間予約してすぐに使うことができたり、数分の乗車でも使えたり、ガソリン代も満タンで返す必要はありません。簡単に言えば気軽なレンタカーといったところでしょうか。もちろん有料ではありますが、自家用車の維持費よりは安いです。いかがでしたか?もうレンタカーは駅で降り立った旅人だけのものではありません。どんどん便利になるレンタカーに目が離せません。

レンタカーを長期で借りる場合にはプランも豊富に用意されているので、目的に合わせて使うことが出来ます。