経営のノウハウも学べる!?フランチャイズ加盟のメリットとは?

1月20日 - by admin

独立経営にはリスクも多いが・・

自分のお店を持ちたくて、何の事前知識習得や市場リサーチを行わずに店舗を出してしまう程リスクの大きいものはありません。確かに経営権は自らの手中にありその方針も思い通りなのですが、アフターフォローの稚拙さから初期の客をリピーターとして安定確保出来ず、常に利益を出し続ける事が困難となってしまうケースも多いのです。フランチャイズへの加盟は経営に関する自由度は無くなってしまうものの、その分マーケティングや経営ノウハウに長けた本部の指導や研修を随時受ける事が可能となりますから、将来的なメリットは大変大きいでしょう。

商材の確保に難渋しないのが大きい

独立経営では商材の確保もまた大きなハードルとなってくるでしょう。安定した売れ筋の商品を店頭に常にラインナップするだけでも、リサーチを含めかなりの労力を要するものなのです。その点フランチャイズに加盟すれば本部から常に売れ筋の商品を豊富なラインナップにて提供してくれますから、店舗スタッフはオペレーションだけに専念出来る上、入荷する商品ラインナップを通して、売れ筋商品の調査法から売り方までをも経験する事が出来るのです。

店舗運営コストが大幅に抑えられる

前述の様に商材の決定や大量仕入れ・納入までを基本的にフランチャイズ本部が全て管理してくれますから、加盟店側は最低限のコストを掛けるのみで店舗運営に全神経を傾ける事が出来るのです。また細かなオペレーションも全てマニュアル化されている事から、最低限の技能修得のみで店舗の運営が可能となるばかりでなく、新たにスタッフを雇い入れる際のハードルを低く出来るといったメリットも付加してくるでしょう。ただフランチャイズ加盟金等の必須コストもありますから、バランスを考えて加盟の決定をしたい所ですね。

起業する方法の中に代理店の募集を利用した企業があります。代理店企業には、保険代理店や、新電力代理店などがあります。